らうすご紹介
 リンク
 ご意見・ご質問等


 
 

らうすでは2月から5月上旬までがウニの漁期です。中でも3月くらいのウニは一番美味しいとされています。そう、まさに今が旬なのです。

 
 

 
 

らうすの『ウニ』のイメージはあまりないかもしれないけど・・・・。
ウニは主に昆布を食べています。お気付きなったかな?そう、利尻・礼文に代表されるように、昆布の美味しいところは『ウニ』も美味しい。羅臼昆布を食べて育ったウニが、美味しくない訳がない!見てくださいこの色・形・・・・・・。 あっいけない、よだれが・・・・・・。
おじさん、僕らの分もセリ落としてね!

 
 
 
 
 

流氷の写真です。この厚い氷の下でらうすのおいしいウニが眠っているんです。
そして反対にその上は動物の絶好の休憩場になります。今日は天然記念物に指定されている、オジロワシが休憩中。
沖ではすけそう漁船が操業中。そしてその向こうには、国後島がすぐそこに見えています。

 
 
 
 

もうひとつ!らうす今が旬!
遠い沿岸に見えているのは、すけそうだらの漁船。略して、すけそ漁船!
大きな流氷さえも、何隻かの船団で助けあいながら、氷をかきわけ漁にでます。
さすがに流氷が海を埋めつくしてしまっては漁にはでれないですけど。

 
 
 
  「うに」に比べたら地味なすけそうだらだけど、鍋にして食べるととっても美味しいんだよ!!