らうすご紹介
 リンク
 ご意見・ご質問等


〜12月号〜
今、最盛期の『マダラ』です。
これからお鍋のシーズンには欠かせない、まさに今が旬のタラです。 このタラは約6kgもある大きなものです。 身も締まっていて最高級品です。 羅臼漁協の市場の皆さんにご協力頂きました。

これは、『マスノスケ』。
羅臼では『スケ』と呼びます。 大きなものでは20kg近くなるものもあります。 ちなみにこれは、10kg前後。 脂がのっていて、市場でも1キロ当たり4,000円位するそうです。 ってことは、写真のマスノスケは40,000円以上・・・・。
羅臼ではお正月にマスノスケを食べる家庭は多いようです。 こちらも羅臼漁協の協力でした。

こちらは『サメガレイ』。
ムキガレイとか聞いたことあります? それです。 見た目はあまり美味しそうには見えないけど、これがまた脂があって
、煮付け・焼き魚にすると美味です。 このサメガレイもそうですが、タラなど深いところに住んでいる魚は比較的美味しいと言われる魚が多いです。 見た目はあまり美しくない魚ばかりですが・・・。 これも深層水のパワーなんでしょうかね?



 
  別に今、旬なわけではありません。 ただ、ちょっとかわいいので皆さんにお見せしたくて載せてみました。 これは『かすべ』。知ってます?
よく煮付けなんかになるんですけど、エイの仲間です。 表は灰色一色でちゃんとエイなんですけど、 裏返すとこんなかわいい顔をしています。 なんだか憎めないでしょ? ちょっと笑ってるような、情けないような顔をしています。 水族館にいるエイも、下から見るとこんな顔してるんですよ。
はみ出し情報でした。