知床深海の水 らうす海洋深層水〜らうす海洋深層水について

 
 

    ABOUT深層水
  深層水ニュース
  深層水商品のご紹介
  深層水加工商品
  販売会社のご案内
  販売会社の掲載記事
PAGE 123

  海洋深層水ってなんのこと?  
  海洋深層水とは、水面から3000〜5000メートルもの海底を流れている海水のことを言います。

 今、日本や欧米など工業の発達した地域では海水の汚染が進んでいることは周知の事実です。
 しかしそれはあくまで海の表層レベルのこと。実際には海水は水深200メートル前後を境にして、その上と下では大きく隔絶しているのです。
 つまり海底の何千メートルも下を流れる海洋深層水はきわめて清浄なのです。
 
 

  海洋深層水ってどこから来たの?  
   地球レベルで海の奥深くをゆっくりと流れる海洋深層水。世界中の海流を実に2000年もの長きに渡って流れます。その海洋深層水が世界の海のわずか0.1%の地域で大陸棚にぶつかって沸き上がってきます。この地域は湧昇海域と呼ばれ、清浄で栄養分の豊富な海洋深層水が流れています。
 そのため、魚の生育に不可欠なプランクトンが繁殖し世界中の魚の約半分がここでうまれると言われています。 海洋深層水は無尽蔵ともいえる膨大な量と「生命の源」である海の豊かな栄養分を持つので、新たな地球資源として世界中が注目しています。

 
 つまり羅臼にも湧昇海域があるんです。
 羅臼の雄大な自然と羅臼に住むわたしたちが湧昇海域と海洋深層水を守っています。
 そして、 その海洋深層水にわたしたちは自分と家族の健康を守られ、さらには豊かな自然の産物を生み出してもらっているのです。
 
 

  海洋深層水の栄養分て?  
   海洋深層水は、最初に水分とミネラル分を分離させ、次にミネラル分から塩分だけを取り除き、最後に再びミネラル分を水分とあわせるという処理をしているため塩分(塩化ナトリウム)以外のミネラルが大変豊富なのです。
  ですから、皆様にも飲みやすいように塩辛さもなく、なおかつ栄養分に富んでいるのです。

 
 海洋深層水は1000年以上前の汚染のない時代の海であり、その後も光の届かない深いところにあった水なので大気などの汚染にも侵されておりません。よって、飲用水の有害物質として知られるトリハロメタンや、一部でアルツハイマー病との関係も指摘されているアルミニウムもほとんど含まれていないのです。
 栄養分だけでなく海洋深層水は極めて無害な飲み物だということがこれで分かりますね!
 
 

  海洋深層水を飲むとどんな良いことがあるの?  
    現代人はミネラルが足りないとよくいわれますが、なかでも深刻なのはマグネシウム不足です。 成人に必要な一日の摂取量が約300ミリグラムに対し、日本人は平均して200ミリグラム程度しかとっていません。つまり”知床深海の水”を1日コップ2〜3杯程度(約500ミリリットル)飲むと、この不足分が補える計算になります。

 マグネシウムが不足すると、血管を広げたり、血液をサラサラにしたりする役割を持つ物質(プロスタサイクリン)が減り、反対に血管を収縮させる物質(トロンボキサン)が増えます。 そのため動脈硬化が発症したり、脳硬塞や心筋梗塞を起こしたりする危険性も出てくるのです。
 
 

  海洋深層水の特徴のひとつ。酸化還元水ってなんのこと?  
   酸化還元水とは、空気にまったくふれることのない深層で流れていることによりできる、酸化されていない還元水のことです。

 
 この酸化還元水は、他の物質から酸素を奪い取る働きがあります。ですから人体に入ると、悪役として知られる「活性酸素(増えすぎると体に害を及ぼす非常に不安定な酵素の一種)」を除去し、細胞の酸化を防ぎ活性酸素のもたらす害を減らしてくれます。
 
 


TOPPAGEABOUT深層水深層水ニュース深層水商品のご紹介深層水加工商品販売会社のご案内
販売会社の掲載記事注文ページ通信販売法規らうすご紹介リンクご意見・ご質問等
Copyright© 2000-2008 RAUSU DEEP SEA WATER co.,ltd. All rights reserved.
E-mail:  フリーダイヤル:0120-054-032